2011年 06月 11日 ( 1 )

 

第54回春季県北支部高校野球選手権3回戦 vs二本松工業

f0163207_1765693.jpg
更新が遅くなり申し訳ございません。
春季県北選手権の3回戦は、二本松工業にサヨナラ負けを屈するという結果となってしまいました。恐らくは学法福島になるであろう準決勝、恐らくは聖光学院になるであろう県北決勝の定番カードを楽しみにしていたので残念でなりません。

前夜からの雨の影響で、試合開始時間が少し遅れました。少し肌寒いどんよりとした曇り空でしたが徐々に青空が広がり大快晴。暑いぐらいの陽気となりました。
f0163207_1230190.jpg
先攻はFCです。

[1回表 Fc攻撃]
佐藤(優)選手 四球で出塁
f0163207_1237362.jpg
増子選手 送りバント成功 1死2塁
根本選手 四球 1死1、2塁
加藤(嵩)選手 ピッチャーフライ 2死1、2塁
加藤(慶)選手 四球 2死満塁
齋藤(和)選手 レフトフライ
満塁のチャンスを活かせず残念!!

Fcの先発はエースナンバーを背負った2年生左腕の服部選手。この日はコントロールが甘く、押し出しによる失点などがありましたが、9回を一人で投げきりました。
f0163207_12395882.jpg

[1回裏 松工攻撃]
センター前ヒットでノーアウトのランナーを出すも、後続をサードゴロ、セカンドフライ、三振で討ち取ります。上々の立ち上がりです。

[2回表 Fc攻撃]
遠藤選手 三振
丹野選手 四球 1死1塁
服部選手 送りバント成功 2死2塁
佐藤(優)選手 レフト前へのタイムリーで先取点!! 1-0
f0163207_12555588.jpg
f0163207_1256311.jpg

[2回裏 松工攻撃]
三振、ショートゴロ、三振の三者凡退!

[3回表 Fc攻撃]
根本選手 右中間を破るツーべスヒット!!
加藤(嵩)選手 送りバント成功 1死3塁
f0163207_1314176.jpg
加藤(慶)選手 左中間を破るタイムリースリーベースヒットで追加点!! 2-0
f0163207_13141239.jpg



[3回裏 松工攻撃]
先頭打者を三振。しかしここからがいけませんでした。
死球、ポテンヒット、四球でイッキに1死満塁。
そして四球押し出しで 2-1
ライトへの犠牲フライで 2-2 同点
※ライトへの大きなフライを増子選手良く取りました。超ファイプレーだったと思います。
f0163207_13434033.jpg

[4回表 Fc攻撃]
同点に追いつかれ、すかさずFcの反撃です。
服部選手三振
佐藤(優)選手 四球→ワイルドピッチの間に2塁へ 1死2塁
増子選手 レフト前ヒット 1死2、3塁
根本選手 四球で1死満塁
ここで4番・加藤(嵩)選手でしたが三振。しかしチャンスは続き2死満塁
加藤(慶)選手 四球押し出しで追加点 3-2

次に試合が動いたのは7回です。

[7回表 Fc攻撃]
加藤(慶)選手 セカンドゴロ
齋藤選手 レフト前ヒットで出塁 1死1塁
遠藤選手送りバント成功で2死2塁
丹野選手に代わって代打・佐藤(直)選手 左中間を破るタイムリーヒットで1点追加 4-2
しかし惜しくも3塁でタッチアウト!
f0163207_13544180.jpg
暴走か? 好走塁か?
評価が分かれるところですが、私は走って然るべきプレーだったと判断いたします。

2点差とした福商ですが、すぐに松工の反撃に合います。

[7回裏 松工攻撃]
四球からはじまり気がつけば1死満塁。
サードゴロでゲッツーと思いきや守備の乱れで1点献上 4-3
f0163207_1444232.jpg
なおも満塁。ショートゴロで本塁フォースアウトで2死満塁。
ここでまたもや四球押し出しで 4-4 同点

[8回表 Fc攻撃]
イッキに突き放すチャンスがありました。
服部選手 三振
佐藤(優)選手 センター前ヒット 1死1塁
増子選手 三振振り逃げ? 事情が良く理解できませんでしたが2死2塁。
根本選手 レフト前ヒット盗塁で2死2、3塁。追加点のチャンス!!
加藤(嵩)選手に代わって代打・佐藤(悠)選手 四球
ココで好調・加藤(慶)選手でしたがサードゴロ。追加点ならず。

そして悪夢の最終回・・・

[9回裏 松工攻撃]
三振、四球、ライト前ヒットで1死1、3塁→盗塁で1死2、3塁
四球(敬遠)で福商には珍しく満塁策を取ります。私もここは満塁策と考えました。
f0163207_14224247.jpg
そして・・・1、2塁間をキレイに抜くライト前ヒットでサヨナラ負けです。策は良かったと思いますが、コントロールミスか配給ミスでアウトコース高めに入ったところをやられたようです。

実際に観戦された方、この記事をお読みになった方、両チーム共にやたらと四死球が多いと感じたのではないでしょうか。両校共投手のコントロールが非常に甘い試合でした。
それ故に試合のテンポが悪く、非常に長く感じました。疲れました。
そして、審判への態度(福商)、死球でも脱帽しない(松工)など、選手のマナーにも首を傾げたくなるシーンがあったのも事実です。

心配していた守備の乱れはそれほどなく(記憶が正しければ1失策)、内外野共に安心してみていられました。残塁の山を築いた福商打線、ここぞという時のあと1本をなんとかしたいところです。

放射線量を気にしながらの練習は何かと大変であろうかとは思いますが、夏本番まであと僅か。
何もかもが今までとは違う "" を後悔しないように頑張って欲しいと思います。

TOWA
[PR]

  by fukusho9 | 2011-06-11 17:11 | 県北選手権 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE