2009年 10月 18日 ( 2 )

 

第20回秋季県北支部高校野球選手権大会決勝 vs聖光学院

f0163207_1842473.jpg
本日の第1試合で成蹊高校を 6-0 連日の完封勝ちで決勝進出を決めた我が福商。
決勝の相手は当然ながら王者・聖光学院です。
今大会の調子の良さから互角以上の闘いを期待いたしましたが、残念ながらまたも完敗。
8-1(7回コールド)という結果となり、準優勝に終わりました。

確かに準優勝も大したものなのですが、負け方が負け方だけに素直に喜べないと言うのが正直なところです。おそらく、福商関係者や父兄、選手の皆さんも同じ気持ちではないでしょうか。
f0163207_18444117.jpg

県北大会の決勝では、もはやお馴染みの顔合わせで2大人気校の黄金カード。
菅原監督と名将・斎藤智也監督が振るうベンチワークにも大いに注目したい一戦でした。
f0163207_18452552.jpg

2回オモテ 先取点は福商が取りました。
1死から②渡辺(亮)選手が死球で出塁
③二瓶選手セカンドゴロでランナーは2塁へ 2死2塁
ここで⑤菅野選手が左中間へのタイムリーヒットで②渡辺選手が生還 1-0 先取点GET!
f0163207_18471617.jpg
f0163207_1848366.jpg
得点には結びつかなかったものの、続く黒羽選手もレフト前ヒットを放ち、会場は大盛り上がり!

王者・聖光学院に勝つパターンは 「先取点を大切に守り抜く」 現状これしかありません。
聖光のチーム力を考えた場合、逆転に次ぐ逆転という展開は考えにくく、自慢の投手陣を駆使してねじ伏せるのがベストであると思いましたが・・・

今日はエースナンバーを付けた先発の①篠木選手。
f0163207_1850137.jpg
満を持してのエース登板に期待したのですが、ボールが先行し、ストライクを取りにいった球をことごとく打たれる苦しいピッチング。ワイルドピッチも多々あり、不要な点を自ら献上していました。

誰の目にも明らかに調子が悪く、早期の交代をすべきという声がスタンド内でも囁かれておりましたが最後まで投げさせたのには疑問が残ります。自分であれば、2回で交代させていたでしょう。
f0163207_18511750.jpg

4回ウラ ピッチャー前に転がった打球をグラブトスしてスクイズを阻止!ナイスプレー!!
(審判のOutのコールが非常に遅かったのはなぜ???)
f0163207_1912631.jpg

序盤は福商打線につかまりましたが、中盤以降建て直して完投の遠藤投手(聖光学院)。
3死球はちょっと多かったですね・・・
f0163207_18563087.jpg

6回オモテ 2つの死球を元にチャンスを広げますが、遠藤投手のピッチングに翻弄され、どうしても得点に結びつける事ができません。
(渡辺選手は死球退場となってしまいましたが怪我の状態は大丈夫でしょうか? 心配です。)




成す術もなく、試合が終わってしまいました。
f0163207_19211011.jpg
先日の「日大東北」戦の様に、一度歯車が狂うと修復不能になってしまうのは、YAN管理人が言うように私学を必要以上に意識しているからでしょうか。
今日の試合、戦力的に十分勝てると思っておりましたし、王者・聖光学院を倒す事により、選手達の自信へ繋げ、気持ちよいシーズンオフを迎えて欲しかったです。
それだけに早期に継投策を取らなかったのが悔しくて仕方ありません。
(野球にタラレバはありませんが)
f0163207_19391351.jpg
以前も書きましたが、近年の福商は選手個々の能力は決して劣っていません。
誰が見てもチームとしても悪くありません。ではなぜ勝てないか?
長いシーズンオフで考え、そして克服して頂きたいと思います。
来シーズンも期待しています! 頑張れ!!

TOWA
[PR]

  by fukusho9 | 2009-10-18 19:42 | 県北選手権 | Comments(1)

第20回 秋季県北選手権大会 VS成蹊高校

f0163207_16171446.jpg
勝てばダブルヘッダーとなる県北選手権最終日。
成蹊高校が相手となった準決勝は、連日の完封勝ちで福商が決勝進出を決めました!

本日のスタメンです。
1. 根本 輝(中)⑧
2. 花篭 岳(遊)④
3. 佐藤翔哉(左)⑦
4. 菅藤亮一(右)⑨
5. 二瓶 好(二)③
6. 加藤慶大(一)⑬
7. 佐藤ユウ(三)⑮(間違っていたらすみません)
8. 根本翔太(投)⑪
9. 高橋裕馬(捕)⑫

準決勝は二人の投手(先発根本選手、宮崎選手)が相手打線を0点に抑えたのがポイントですね。
⑪根本(翔)選手の非常に安定したピッチング、一年生の⑳宮崎選手がベンチや周りからの励ましを受けてのピッチング、そして最後の打者を空振り三振で締めくくったのも印象的でした。
f0163207_16172118.jpg
f0163207_16172698.jpg

打線の方は7、8回の追加点ですね。
7回の⑥黒羽選手の三塁打、⑧根本(輝)選手の犠牲フライで1点、④花篭選手の好走塁で2点。
8回の菅野信幸君のタイムリーで1点。 これが駄目押しとなりました。
f0163207_16173299.jpg
f0163207_16173876.jpg

早い時間の試合にもかかわらず、たくさんの父兄の方々には関心させられます。
本当にご苦労様です。(TOWA管理人とあの中で一緒に応援したいなぁ~・・・なんて)
f0163207_16174659.jpg

第二試合「聖光vs二本松工」の勝者と決勝の舞台で対戦です!
f0163207_16175153.jpg

※この記事の編集時には既に決勝の結果が解っていました。
 最近の福商は私立の強豪校(聖光や日高など)を変に意識しすぎではないでしょうか?
 落ち着いて自分達の野球をやれば常に勝機はあると思います。
 みんなセンスもあるし、良いチームだと思います。
 まもなくシーズンオフですが、怪我などに気をつけて練習頑張って下さい。
 そしてまた来春元気な姿を見せてくださいね!

yan
[PR]

  by fukusho9 | 2009-10-18 18:27 | 県北選手権 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE